お客様とお店のベストマッチを実現する”最高のサービス”を創り続けるベンチャー企業

お客様とお店のベストマッチを実現する”最高のサービス”を創り続けるベンチャー企業

お客様とお店のベストマッチを実現する”最高のサービス”を創り続けるベンチャー企業

価値ある飲食店に対して、マッチ度の高いお客様を一人でも多く送客する

『お客様とお店のベストマッチを実現する”最高のサービス”を創り続ける』というビジョンを掲げ、飲食店とユーザーとのコミュニケーションデザインを武器に急成長している株式会社オールフィット。主力事業はインターネット広告代理事業であるが、2017年にサービス開始した宴会・パーティー会場 検索・予約サイト「グルメプラスPARTY」も成長真っ只中。

広告代理事業においては、これまでに1000店舗以上の飲食店の広告運用の実績があり、ローカルビジネスへの送客に強みをもつ業界特化の広告代理店としてGoogleからも注目されている。さらに、自社で企画開発する「グルメプラスPARTY」も1000店舗以上の掲載店を獲得し、宴会需要に特化したグルメメディアというニッチな領域で支持を集めている。

食の情報ポータル全盛の2009年に設立されたオールフィットは、飲食店特化のインターネット広告代理事業を開始。
2008年以降、通信技術やデバイスの発達、検索文化の浸透などの変化が加速し、ユーザーが瞬時に情報を得られるようになったことにより、飲食店を選ぶ際に、大手ポータルサイト以外で検索する選択肢が生まれた。飲食店側とユーザーとのコミュニケーションの方法に多様性が生まれることで、個店がそれぞれに力を持てる時代に入って来ることを見越して、この事業ドメインでNo.1を目指すことを決めた。

CEOの山下氏はこう語る。
「私たちが目指すのはあくまでベストマッチを創出することです。飲食店側に立ちすぎて、ユーザーにとっての真の価値とは何かということを見落としてはなりません。素晴らしいコンテンツを提供しているにも関わらず埋もれているお店に光をあて、本当に行きたいお店に出会えていないユーザーに最適な提案を行う、両者に価値提供できるサービスを作り続けたいのです。1件でも多く最高の出会いを生み出すことに貢献できればそれが私たちの価値となります。その姿勢が差別化や競争力の源泉となっているのだと思います。」

2019年5月にはグーグル合同会社と共催により、飲食業界向けの広告集客セミナーを実施するなど活躍の幅を広げるオールフィット。広告代理事業で培ったノウハウを生かし、既存クライアント向けのWeb制作や「グルメプラスPARTY」のさらなる機能開発を行っている。

宴会予約サイト「グルメプラスPARTY」1000店舗以上の飲食店と宴会幹事をマッチングしているコンシェルジュサービス。

代表取締役 山下貴徳
大学卒業後、大手ゼネコンに入社。その後、一部上場コンサルティング会社にて上場外食企業をクライアントにチェーンマネジメントの支援を行う。2009年にオールフィット設立。

No.1を目指す、意志あるメンバーが最大限コミットする文化

『出会いを通じて、世界を楽しくする』という同社が掲げるミッションには、「ALL FIT(すべての人の出会い)を、ALL PROFIT(すべての人のため)へ」という想いが込められている。出会いが多くの価値を生み出し、相手を幸せにし、自身も幸せに導いていく。オールフィットのメンバーには、人と人との出会い、企業と企業の出会いをあらゆる方法で生み出していくことを使命として行動していくことが求められる。

”チームのゴール”=”自身のゴール”という状態を作り出すことが最も重要だと考える山下氏。
『自分のために働くこと』は自身の夢だけを追求する事ではない。個人がチームとして一丸となり、チームのゴールを
追う過程の中で、自身のゴールに近づいていくこと。それがオールフィットに関わるメンバーのあるべき姿だ。

最高の出会いを創出するチームに関わるメンバーは、ビジョンやミッションを同じくし、自身のゴール達成のためにコミットできる人材であるべきという考え方に立って、創業以来メンバーを募ってきた。オールフィットにおいての、メンバー個人の最終的な目標は 『自分の力で立つ力』を身につけること。創業から10年のあゆみの中で、自身のゴールを達成し、外部パートナーとしてオールフィットと関係を築いているメンバーも少なくない。 

現在、オールフィットの中核を担うメンバーは、皆、独立心を持って参画したメンバーだが、チームのゴールを共に追っていく中で組織へのコミットメントが高くなり組織が拡大してきた。組織が大きくなっても変わらないことは、ビジョン・ミッションを同じくし、チームと自身のゴールにコミットできる人材こそがオールフィットの求める人材であるということ。

「もらうのではなく、与える」「自分のために働く」「遊ぶように働く」「可能性が広がる人生を歩む」
「失敗は前進のための訓練」「後悔には2つある。やって後悔、やらずに後悔」「幸せは自分のこころが決める」
「奥さん、家族を大切にする」

オールフィットが掲げるバリュー(目指すべき姿)を体現しようと、メンバーは日々成長を続けている。

グルメプラスPARTY事業責任者を務める彼女もワイン卸事業の起業やソムリエとしての独立を経てオールフィットの中核を担うことに。

社会人2年目で独立後、インテリア制作や空間デザイン、EC事業など経てオールフィットへ参画。愛のあるWebマーケティングで出会いを創出している。

「ローカルビジネス × インターネット広告 × 企画」でNo.1を目指すグローバル企業へ

中長期的なビジョンとして、「ローカルビジネス × インターネット広告 × 企画」で国内No.1かつグローバルで活躍する企業を目指している同社。

広告チームが目指すは”企画力”を強みにした事業づくりだ。安易なサービスや価格競争に頼るのではなく、クライアント独自の魅力をあるべき姿で個人に伝えることができること。それが飲食店にもユーザーにも求められている理想の出会いの形だ。
生み出したサービス・企画により、お客様、関わる人たちが幸せになっている情景を描き、個人と店舗型ビジネスをしている企業とのマッチング領域No.1への道を突き進んでいる。

「グルメプラスPARTY」チームはグルメメディア市場における一定の地位を確立すべく投資の手を緩めない。魅力的なコンテンツを持つ飲食店を掲載するに留まらず、”企画力”を武器に飲食店をプロデュースし、宴会幹事と飲食店が最高の出会いを得ることができるマッチングサービスを目指している。現在、一都三県中心にサービスを拡大しているが、2020年には全国展開を、さらには、増え続けるインバウンド需要に対応して、海外からの旅行客が本当に行きたいローカルのお店に出会うことができるコンシェルジュサービスとしてインフラ化している未来を見つめている。

インターネット広告事業で培ったノウハウ、サービス設計の上で大切にしている思想が、日本の良質なコンテンツを海外に売り込んでいくタイミングで強みになると考える山下氏。オールフィットは『ユニークで素晴らしい価値を提供するお店と驚きと感動を求めるユーザーをつなぐ』企業であり続ける。

グルメプラスPARTYチームのMTG風景。従来にない、自由闊達な発想で世の中にないサービス・企画を生み出し続ける。

入社したばかりのメンバーであっても高いコミットメントが求められる。チームのゴールと自身のゴールが一体になっているからこそ急カーブの成長曲線を描ける。

ブログカテゴリの最新記事