TOP TEAM COMPANY BLOG RECRUIT NEWS CONTACT

宴会の幹事が、お店選びの際に確認するポイントとは? 〜アクセス編〜

今回、150名に「あなたが20人以上の宴会の幹事になったとして、お店選びをする際に確認するポイントを教えてください」というアンケートを実施した結果、いくつか特筆すべきポイントが上がりました。

料理」「接客」「会場」「コースプラン」と、4つのポイントについてご紹介してきましたが、最後にご紹介するポイントが「アクセス」についてです。

参加者が集まりやすいポイントは多々あるかと思いますが、幹事の皆さんが、どういった理由でアクセス面を考慮しているのかを、詳しくご紹介していきます。

 

交通の便が良好

アクセスを考慮する回答のなかで最も多いコメントが「交通の便」に関するものでした。

集合時も解散時も、アクセスの良さはメリットです。

では具体的にどういった理由で、幹事の皆さんは交通の便が良好の場所を選んでいるのでしょうか。

「店が駅から近いと、多少遠い人でもすぐに電車で移動して帰宅できる利点があるから」
「交通の便利さは大切。参加者の利用する交通手段をあらかじめ確認しておき、考慮した上でお店を選ぶから。」
「帰りが遅くなるかもしれないので、みんながすぐに駅まで迎えるようにするため」

帰りの時間や、遠方からの参加者を考慮した上で、電車の駅に近い場所を候補地として考える人が多いようです。単に宴会を取り仕切るだけでなく、宴会後のこともきちんと考えた上でお店選びをされていることが伺えます。

また、お酒が入ると、どうしても移動が面倒になってしまいますよね。そういったことも考慮して、できるだけ「駅チカ」な店舗を求めているのかもしれません。

店舗側としては、最寄の駅から徒歩何分なのかを正確に提示するとともに、終電の時間なども記載しておくと、気がきくお店だと思ってもらえるかも?

 

会社からの距離が近い

会社の宴会の場合は、退勤後すぐに寄れる場所が人気のようです。ただ、理由はそれだけではありませんでした。
印象的なコメントをご紹介します。

「残業が発生する社員もいると思うので、できるだけ近場を選びたい」

忘年会などは、年末の忙しい時期に開催されます。業務内容によってはどうしても残業をしてでも業務を続けないといけない人もいらっしゃいますので、そういった人を考慮した上で、幹事の皆さんは宴会場所を検討することもあるようです。

前回の「コースプラン」でご紹介した中にもあった意見ですが、こういった人はお酒を飲むことを控えることが多いと思うので、やはりソフトドリンクの種類が充実していることは、業務が忙しい中でも参加してくれた人に対する配慮にも繋がりそうですね。

 

二次会場所・ホテルに近い

これらのポイントを重要視する人の意見は以下のとおりです。

「二次会にすぐ移動できるかどうかが重要」
「お酒を飲んでいてもすぐに駅近のホテルや漫画喫茶に宿泊できるから」

遠方からの参加者や上司などは、宴会後ホテルに宿泊するケースも多いかと思います。

二次会参加組も、ホテルなどに急遽泊まることになるかもしれません。ホテルや二次会場所が近いということを重要視して宴会場を探す人も多いようです。

二次会の場所が先に決まっている場合は、その場所に合わせてお店を選ぶこともありますし、場所が決まっていなかった場合は、カラオケや気軽に入れる居酒屋などが場所を中心に宴会場を探すではないかと思われます。

ホテルやカラオケの位置を、店舗マップ上にさりげなく示しておくと、幹事の皆さんは参考にしやすくなるかもしれません。

 

駐車場の有無

宴会なのに意外だと思われる方も多いと思いますが、駐車場の有無の確認は重要項目のようです。

「アルコールを飲まない人や、車通勤の人が多い場合は、店へのアクセス方法が車の人もいるため」

会社宴会の場合は普段、車通勤をしている人は車を使わないといけないので、駐車場の確認は必須とも言えます。また、幹事側が把握していなくても、初めからアルコールを飲まない予定で車で来る人も当日になって出てくる可能性もあります。

そういった人が、駐車に困らないために、駐車場情報はお店側も明確にしておきましょう。駐車場がない場合でも、近くにコインパーキングがあるのかどうか、その料金は負担されるのかどうかなど、幹事さんに事前に共有しておくと良いかもしれません。

アクセスに関する重要視ポイントは、以上のとおりです。

 

まとめ

今回、複数回に分けて、幹事の皆さんがお店選びをする際のポイントをご紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?

さまざまな項目がありましたが、幹事の皆さんは常に参加者が心地よく宴会を過ごせるためにどうすればいいのかを多方向から考慮して、お店選びをしている印象を受けました。

宴会の内容、参加者、予算など、各グループによってさまざまですが、お店側としては、どういった宴会にも臨機応変に対応できるように、シュミレーションをしながら改善点を明確にすることが重要です。

この冬、大人数宴会の予約を安定して獲得するために、今からでも対応できることをぜひ実践してみてください!

2019-10-14

RECRUIT