TOP TEAM COMPANY BLOG RECRUIT NEWS CONTACT

飲食店で来客数を増やすために知っておくべきこと

飲食店の経営にあたり、「売上」「集客」に課題を持たれている方も多くいらっしゃるかと思います。

各メニューの値上げも一つの手段ではありますが、大幅な値上げは逆効果に繋がりかねません。そこで、必要不可欠となるのが「集客数」の底上げです。

今回は、来店客を増やすための施策をいくつかご紹介します。

 

来客数を増やすための4つの施策

1. グルメサイトへの掲載

今や、飲食店を探す方法のほとんどが「ネット検索」を占めています。そして各種グルメサイトで情報収集しながら、利用客は自分たちのニーズに合う飲食店を選んでいくのです。

その際、店舗名で飲食店を検索する人はごくわずか。
多くの場合、立地や最寄駅、食べたいメニュー名などから検索することが多いはずです。

グルメサイトへ情報掲載をすれば手数料はかかりますが、

  • さまざまな検索項目での絞り込み
  • 自社店舗が検索に引っかかりやすくなる
  • グルメサイト内での口コミによる知名度のアップ

などメリットもあります。
まだサイトを利用していない方は、ぜひ掲載を検討してみてください。

特に大人数の宴会幹事となると、口コミや評価点などを重視して、飲食店探しをしている人も多いため非常に重要です。

 

2. SNSでの拡散

 

若者層を中心に、圧倒的な支持を得ているのがSNSによる情報収集です。

来店客が店舗の様子をSNSへ投稿したり、InstagramやTwitterでのハッシュタグに、店舗名を入れてもらうことができれば、一気に情報は世界へと拡散されるので、拡散を狙った施策を行うことも重要となります。

Instagramでの拡散を狙うのであれば、いわゆる「インスタ映え」するメニューを看板メニューとして開発してみると良いかもしれません。Twitterでの拡散を狙うのであれば、時期ごとにオススメのメニューや、予約の空き状況、休業日の情報など、来店客にとって「ためになる情報」を発信するとフォロワーが増え、拡散に繋がるかもしれません。

また、InstagramとTwitterを組み合わせることが効果的です。
各種SNSを連動させて、「役に立つ情報はTwitter」「写真映えする情報はInstagram」
で発信し、うまくSNSを使い分けてみてください。

 

3. 新規獲得には限界があるため、来店客のリピート率をアップさせる

常に、新規客を獲得しようとするには、どの店舗も限界があります。一度来店してくれたお客様をいかにリピーターとして定期的に来店してもらうかが、売り上げUPにあたって重要です。

リピート率をアップさせるためには、まずは来店客にとって「そのお店が印象に残る場所」にすることが大切です。

例えば、カップルの来店時にサプライズの演出などに対応することができれば、今後何か特別な日にはそのお店を利用しようと思えますし、他のカップルにも勧めてもらえるかもしれません。「特別なサプライズを用意できる」ということは、十分立派な武器になるのです。

ほかにも、

「接客がとても丁寧だったから接待に使いたい」
「化粧室が広くて清潔だったから女子会に使いたい」
「時間制はなくゆっくりでき、コスパも良かったので行きつけにしたい」

など、他のお店より少し優れた、店舗独自の武器をいくつか作っていき、それをアピールしていくことがリピーター獲得にもつながります。

4. 団体客を獲得する

上記3つのポイントをご紹介しましたが、売り上げアップの一番の近道は、やはり「団体客の獲得」です。

 

団体客獲得のメリットとは?

団体客を安定して獲得することができれば、利益効率が格段にアップします。少数の新規顧客を獲得するためにさまざまな広告を打つ必要も減り、費用対効果も上がります。

数十名規模の団体客を受け入れられる店舗であれば、ぜひ一番最初に「団体客の獲得」にフォーカスを当てて動いてみてください。

企業等での宴会として利用される際は、その店舗への満足度が高ければ、毎年恒例で利用してもらえる可能性が高くなります。

忘年会など、宴会が多くなるシーズンは幹事の皆さんもお店の取り合いになるので、予約が早い段階から入り始めます。他店に団体客を奪われる前に、早めに策を打ちましょう!

 

20名以上の宴会獲得に特化したグルメプラスPARTY

実際に、団体客獲得を効率的に行うためにぜひご利用いただきたいのが「グルメプラスPARTY」です。グルメプラスPARTYでは、二次会、パーティ、宴会専用の予約サイトとなっており、「大人数の宴会予約を手際良く済ませたい」という幹事さんにも多く利用されています。

グルメプラスPARTYと他社サイトの違いとしては、まず、初期費用以外は完全成果報酬型となっている点です。無駄な経費をかけずに利用することができるので、費用対効果に躊躇している場合でも、気軽に試すことができます。

幹事さんがお店を選びやすいように、店内全体の写真や、店内を見渡せる360度画像を掲載しています。

 

また、余興などを行う場合によく使用されるアイテムを掲載してありますので、お店の選定に大きく役立ちます。

店舗規模やコンセプトにもよりますが、団体客を確実に獲得できれば、利益は確実にアップし、安定した経営に繋がります。団体客獲得のための施策と、その団体客をリピーターにするための施策を実行していきましょう。

 

【ポイント】

・数十名の団体客を受け入れられる店舗では、まずは団体客獲得のための施策を!
・ターゲットに合ったグルメサイトやSNSを使いこなして、効率よく集客を
・他店舗に負けないポイント、印象に残る店づくりを意識し、それを強みに!

2019-09-22

RECRUIT